熱交換器を利用する上での注意

熱交換器を利用する際には、その用途に合わせてメンテナンス性を十分に意識しなければなりません。基本的にその効率を維持するために内部の様々な部分を定期的に清掃したり、場合によっては交換をしなければならないのですが、この際には熱交換器自身を停止させるだけではなく、これを利用する様々なシステムを停止しなければならないため、これに対する影響を十分に考慮しておくことが重要となります。例えば工場内の冷却水のシステムに利用している場合には、熱交換器のメンテナンスとともに冷却水のシステムを停止させなければならず、そのために工場の稼働そのものを停止させることになる場合も多いものです。そのため、生産効率に大きな影響及ぼすことから、その回数をできるだけ減らし効率の良い作業を行うことが要求されます。

熱交換器はその熱を再利用することもできる非常に効果的な機器ですが、その利用法によっては工場の稼働率を低下させる要因となることも多いものです。そのためシステム設計を行う際にはその点も十分に考慮し、稼働率を低下させないようにする配慮を行うことが必要となります。これを実現するためには熱交換器の選び方から十分に考慮する必要があり、またシステムの構成などにも充分配慮することが必要です。総合的なシステムの稼働を十分に考慮し、これに適したものを選ぶことが良い選び方のポイントであり、さらに利用する上で充分注意すべきポイントとなっています。