プレート式熱交換器の構造とメリット

2種類の流体を混合させずに熱エネルギーのみを交換する熱交換器にはいくつかのタイプがありますが、プレート式は軽量コンパクトなので多く用いられています。プレート式熱交換器の構造ですが、装置の内部を通過する2種類の流体はプレートによって隔てられて熱が伝わります。熱を伝えるプレートの表面は、熱を効率的に伝えるために凹凸のプレス加工が施されています。プレスのパターンはさまざまで、高圧に耐えたり流体の滞留を防ぐための工夫が施されています。

プレート式熱交換器のメリットですが、小さな温度差でも熱を伝えることが可能である・メンテナンス時にプレートを取り外すことができる・隔壁枚数を変えることができる・軽量コンパクトである、などが挙げられます。内部のプレートを取り外して洗浄をすることができるので、内部に汚れが付着しても簡単に取り除くことができます。プレートの枚数を変えることができるので、熱の伝達効率を調整することが可能です。熱効率が高いので装置を小型化させることができるので、スペースが限られていたり流体量が少なくても使用可能です。

熱交換器の内部は流体に含まれる不純物が析出した塊(スケール)が付着しやすく、放置すると熱効率の低下や装置が故障する原因になってしまいます。プレート式の熱交換器であれば簡単に内部を分解して洗浄作業をすることができるので、メンテナンスの手間やコストを節約したい方におすすめといえます。