熱交換器のメンテナンス方法

熱交換器は水の対流を利用して熱を交換する仕組みとなっており、そのために様々な部分にその水の汚れが付着してしまうことが少なくありません。場合によってはこれがスケールとなり本体に固着してしまうため、大きな問題となる場合も多いものです。これを除去するためにはシステムを停止し熱交換器の清掃を行ったり、フィルターの交換などを行う必要がありますがそのためにはシステム全体を停止させなければならない事態となることも多いため、これが大きな問題となることが少なくありません。熱交換器は冷却水の熱を除去し冷却効率を高めるために利用するものですが、本来冷却効率を高める事はシステムの稼働率を高めるために行うことである反面、熱交換器のメンテナンスのために稼働率が低下してしまったのでは本末転倒です。

この状況は逆にシステムの稼働率を低下させてしまう要因となることも多いので、そのメンテナンス方法は十分に考慮したものでなければなりません。熱交換器のメンテナンスで最近よく利用されるのは、デスケーラーと言うものです。これは冷却水の中に混入させることでスケールを溶解して除去すす仕組みとなっており、システムを稼働させたままスケールを除去することができる画期的なものです。これを効率的に利用することによってメンテナンスによる稼働率の低下を防止できるとともに、その状態を良好に維持することができるため、非常に便利なものとなっているのが特徴です。