家庭用機器で使いやすい熱交換器

熱交換器というアイテムをご存知でしょうか。これは一種の再生可能エネルギー装置であり、日本では企業や事業所だけでなく、一般家庭への普及も推奨されています。日本はもちろんのこと、アメリカやオーストラリアといった世界各国で、1990年以降は異常気象に見舞われる事態となりました。国内では毎年夏になると気温が40度まで上昇し、大型台風もたくさん襲来しているほどです。

これらは地球温暖化現象の影響となっているので、その原因物質の排出量を大幅に減らさないといけません。我が国では約80パーセントのシェアで火力発電による、電力の供給となっていました。これは二酸化炭素をたくさん排出するため、2025年度で全面停止をすると政府は表明しました。その代替策として挙げられているのが、熱交換器です。

地熱を利用した発電となっており、業務用よりも先に家庭用が販売されたのが特徴です。熱交換器を利用するには、地下約100メートルの穴を掘る必要があります。日本は全国で天然温泉が湧き出る国土であるため、どこを掘っても地熱を確保できます。これが家庭で熱交換器を普及させる要因となっており、今では全国で約400万件もの家庭で導入をされるに至りました。

熱交換器のメリットは駆動させるタービンの熱を無償で手に入れられることでしょう。今まで活用していなかった天然資源の地熱を、賢く利用できるわけです。補助金も支給されるので、設置をしやすいです。