熱交換器の構造と注意点

熱交換器の内部の構造は、高温または低温の熱源(流体)が流れるための細いパイプや隙間で構成されています。一般的に液体などの流体の熱は表面を通して伝わるので、熱の伝達効率を高めるためには限られたスペースの中で表面積を大きくする必要があるからです。体積を変えずに表面積を大きくするためには、流体が通過する部分を細くする必要があります。熱交換器の内部は熱を伝えやすくするために細い配管や隙間で出来ていますが、流体に含まれている不純物の結晶が析出して目詰まりを起こしやすいという問題があります。

カルシウム塩やマグネシウム塩を多く含む水道水を使用する場合は、ミネラル分が析出した結晶(スケール)が原因で配管が塞がれてしまうケースが少なくありません。熱交換器の内部にスケールが溜まると、熱の伝達効率が低下したり装置が故障してしまうので注意が必要です。熱交換器を使用する場合は、定期的にメンテナンスをして内部に溜まったスケールを洗浄することが大切です。最寒の内部に堆積した不純物の結晶は石のように硬くなっていることが多く、通常の中性洗剤を使用しても除去することができません。

熱交換器の内部に溜まったスケール除去する場合は、汚れの成分に合わせて専用の洗浄液を使用するようにしましょう。水道水を利用する場合はカルシウムやマグネシウムなどのアルカリ性の結晶が溜まるので、強酸性の洗浄液を利用することで汚れを溶かして除去することができます。