熱交換器で効果的な排熱利用を実現

熱交換器を利用することで、内部で発生した熱を効果的に利用し様々な用途に応用することが可能です。既に多くの工場等ではこの熱を冷暖房に利用していたり、発電に利用しているケースも多く、エネルギー効率を高める上で非常に重要なものとなっているのが実態です。加えて近年では、企業内で発生するCO2に関して様々な制限が設けられる時代となっており、この基準に合致するために効果的な企業活動を行いながらエネルギーの有効利用を行う上でも、非常に重要なものとなっています。熱交換器の原理は基本的には循環する水を利用して様々なプラント内の熱源をこの水で吸収し、あるポイントで熱交換を行う仕組みとなっているものです。

循環し様々なプラント内部の熱源から熱を吸収した水が熱交換器を通過する際にその熱を移動させ、自分自身は冷却された状態となって再度プラント内部に流れ込む仕組みとなっているため、効率的な機器の冷却を行うことができるようになっています。さらに熱交換器側で熱を受け取った異なる系列の水は他のところにその熱を移動させることができるため、企業内の冷暖房設備にエネルギーを与えることが可能となり、この原理を利用して様々な用途に利用することができるようになっているのが特徴です。従来の冷暖房設備ではこれを稼働させるために、様々なエネルギー消費を発生させることが一般的となっていました。熱交換器を利用することでこのエネルギー消費が削減され、効率的な企業活動を行うことが可能となっています。

熱交換器のことならこちら