工場の冷却効果を高めるデスケーラー

工場内で様々な機械を効率的に稼働させるためには、動作をすることによって発生する熱を効果的に抑えることが重要なポイントとなります。そのために多くの場合には冷却水を巡回させる装置を取り付け、これによって発生する熱を取り除くと言う方法を採用していることが少なくありません。小規模の工場などではクーラーなどを利用して環境自体を冷やし熱を抑えるといった構造となっている場合もありますが、連続稼働するプラント等の場合にはこの方式では十分に熱を抑えることができないため、冷却水を用いる方法が最も効率が良いと採用されていることが多いものです。しかし、冷却水は完全に密閉していてもその配管内で発生する様々な汚れを吸着させて巡回することになるため、そのまま放置するとトラブルを発生させてしまうことが少なくありません。

特に冷却目的で巡回させる場合には熱の伝導効率が高い金属管を利用することが多いのですが、この中を冷却水が流れるとサビ等を発生させてしまうことが多くなるため注意が必要です。これらの不純物を取り除くために利用されるのがデスケーラーで、配管内部の汚れを取り去るとともに冷却水の中に不純物が混入しにくくなると言う効果があります。そのため流れがスムーズになり熱を奪い安くなることから冷却効率が高まり、その結果工場の稼働率が高まることが期待されるものとなっているのが特徴です。デスケーラーはその他にも様々な場所で利用されることが多くなっており、熱交換器やプラント内部のサビが発生しやすい所などに使用する場合も少なくありません。

デスケーラーは作業の効率化にとって、なくてはならないものとなっています。