プレート式熱交換器のメンテナンスが必要になったら

プレート式熱交換器はヘリンボンパターンなどの波形状を取り入れた、乱流促進構造を特徴とします。この構造にすることで、流体が伝熱プレートの複雑な流路を通過すると乱れが大きくなるため、流体の温度が均一化し、熱交換の妨げになる流れのない膜も発生し難くなります。その結果、熱交換の効率も高まるという仕組みです。このようなプレート式熱交換器は可動部がない上、構成部品も少ないため、他の熱交換器に比べれば故障やトラブルが少ないことで知られます。

とはいえ、長期にわたり稼働し続ければ、やはりプレートガスケットの劣化やスケールの付着、あるいは貫通割れといったように、何らかの不具合が生じやすくなります。そのまま放置していると、作業現場で必要な熱量を確保できずに生産量が落ちたり、プレート内の液体が混合あるいは漏れ出して、生産ラインがストップするなど、様々なトラブルを招きます。このようなリスクを回避するなら、普段から定期的なチェックに努めると同時に、万が一の際にも迅速に対処できる体制が必要です。その点、こちらの産業機械製造販売業の会社にメンテナンスを依頼すれば大丈夫。

というのも、国内初のプレート式熱交換器を開発した、業界ではパイオニア的な会社だからです。設計はもちろんメンテナンスについても十分に熟知しており、メンテナンスも迅速かつ的確に済ませます。担当するのも熟練のエンジニアなので安心です。引受から返却までお客様の手を煩わすことなく、スピーディーで綺麗そして安全なメンテナンスを実現します。