プレート式熱交換器のメンテナンスも抜群です

プレート式熱交換器といえば、優れた熱効率で知られます。そのカギになるのが乱流促進構造にあります。これは伝熱プレートにヘリンボンパターンのような波形状を施し、伝熱プレートの間を流れる流体を意図的に乱す点に、大きな特長があります。このような構造にすることで流体の温度が均一化する上、さらに熱交換を妨げる膜も形成されずに、満遍なく熱が伝わりやすくなります。

さらに注目したいのが、乱流促進構造によって自己洗浄機能まで果たすこと。流体の乱れがスケールの付着し難い状態にするため、他の熱交換器よりもスケールによるリスクを軽減できると言えます。このように優れたプレート式熱交換器を国内で最初に開発したのが、大阪市にあるこの会社。業界ではパイオニア的な存在で知られ、これまでも超小型からスーパージャンボまで、幅広い熱交換器を製造および販売し続けています。

またメンテナンスサービスも充実します。前述したようにプレート式のタイプはスケールが付着し難い製品ですが、長期にわたって使用し続ければ、どうしてもスケールやプレートガスケットの劣化、さらに深刻になると貫通割れなど、様々なトラブルが発生しやすくなります。このような状態を避けるには、日頃から定期的な点検が欠かせません。また万が一の故障に備えて、スピーディーにメンテナンスできる体制を準備しておくことが重要です。

こちらの会社のメンテナンスパックでは、設計ノウハウまで熟知した専門スタッフが担当。預かりから返却までお客様の手を煩わすことなく、スピーディーで安全そして美しい仕上がりで、メンテナンスを実現することが可能です。