熱交換器のプレートをメンテナンス

熱交換器に金属のプレートが使用されている場合、そのプレートは効率的な熱交換を実現するために、複数枚が組み合わさった形になっています。その中を流動体が流れていくわけですが、流動体の中に混ざっている物質がその間に蓄積されることがあります。そうなると熱の伝導率が悪くなったり流れが滞るなどで、性能が落ちるかもしれません。そのためプレート式の熱交換器では、定期的なメンテナンスをする必要があります。

基本的にはボルトによってしっかり固定されているプレートを1枚ずつ剥がして、間に蓄積されている不純物を取り除く作業となります。物理的に取り除けるのであれば問題ありませんし、固着している場合は薬剤を使用することもあります。そして流動体が漏れてしまうのを防ぐ役割を持つガスケットを新調することで、安定した熱交換が行えるようになります。プレート式の熱交換器は長期的に使用していくとメンテナンスが必要になるのは分かっているので、分解もしやすいようにできています。

そのためある程度の知識や技術力があれば、定期的なメンテナンスは問題なく行えるでしょう。ただプレート自体に問題がある場合、それを専門家以外の人が見抜くのは難しいです。非常に小さなレベルでの歪みやひび割れなどがあれば、それが熱交換器全体の性能を落としたり、破損などのトラブルに繋がる恐れがあります。そういったリスクのことを考えるのであれば、日常的なメンテナンス以外の点検を、専門家に任せた方が良いかもしれません。