アルファラバルと言う機器メーカーについて

アルファラバルは、スウェーデンに本社を置く遠心分離機や熱交換器を販売、および開発をしている事業者です。創業は1883年からになり、当時は遠心分離器を開発し販売することで株式上場企業となりました。2000年代を境に、アルファラバルは熱交換器の分野に進出し、現在では熱交換器がアルファラバルの主力製品となっています。この会社の特徴は、産業機械を手掛けている点と様々な国に独立した支部があり日夜研究が続けられていることです。

日本の支部においては、医薬品メーカーや空調機器関連企業などを顧客として受け持ち日夜自社製品の販売及び研究開発を続けて製品を様々な提携企業に提供しています。アルファラバルの取り扱っている製品は、熱交換器が最も市場を多く占有しており、プレート式の熱交換器が市場を多く占有しています。このプレート式熱交換器ですが、仕組みは自動車のラジエーターと同じでプレート内に配管を通しプレートが熱を逃がすことで熱を放出させるというタイプで小型でかつ熱の交換効率がとても良いことです。その為、化学薬品工場や食品工場に学校の暖房や温水プールなどに使用でき汎用性がとても高い熱交換器です。

汎用性が高いが故、様々な施設でアルファラバルの製品は使用されており、修理からメンテナンスに至るまでそれぞれの国にある法人がとり行うことでアフターケアを行っている企業でもあります。高いアフターサービスを提供することでこちらの会社は、製品を安全に使用できるようサービスを提供しています。