マルチサイクロンの役割について

マルチサイクロンとは、日本語では「遠心力式集塵機」と言われています。工場などから発生する塵やホコリを綺麗にするためには、こうした機器の活躍が欠かせません。マルチサイクロンは、高温ガスの集塵や火の粉を処理するために使用されるケースが多く見られます。内部にフィルターを設け、火災を防止する機能を備えているのも特徴です。

エアジェット式クリーニングを装備しており、運転中にクリーニングを行うことも出来ます。マルチサイクロン内に集められたガスは、下降旋回気流に飲み込まれ外筒に達し、最終的には排出されることになります。この時に排気管を通すことで、清浄な状態に戻され排気されることで、環境を保護することが出来るのです。マルチサイクロンは化学製品工場や食料加工・金属粉やレジンなどを取り扱う工場などで広く使われています。

粉塵に含まれる粉が堆積するのではないか、という心配がありますが、粉に対してはクリーニング装置を設けることで対応が可能です。大きな排気ガス処理を行う場合は、巨大なタイプのサイクロンを装備する他にも、いくつもの小型のマルチサイクロンを設置させるという方法で、浄化を行うことも出来ます。小型サイクロンをユニット化すれば、設置面積を多く必要としないので大変便利です。風量に対応しつつユニットを増やしたり減らしたりすることも可能となりますから、いつでも適切な処理を実行することが出来ます。

小型のタイプのものは集塵能力が高いとされており、注目を集めているところです。