マルチサイクロンについて

遠心力を使って集塵を行うマルチサイクロンは、設置面積がコンパクトなのに高性能を両立している点が優れます。高集塵効率で小さい粒子も逃さず捉えますし、粒子の大きさによっては100%の捕集も不可能ではないのがマルチサイクロンの凄いところです。また大風量で効率的に集塵が行えるようになっているので、大型の集塵機と比べても遜色のない性能を発揮します。製品によりますが、火災や高温ガスを想定した製品も少なくありませんから、環境や用途に対応したマルチサイクロンなら万が一への備えが実現します。

自動クリーニング機能を持つ製品もあるので、長期にわたり集塵性能を高く保つことができますし、メンテナンスの頻度をあげずに済むのが魅力です。マルチサイクロンは旋回気流を発生させて粒子の分離を図るのが基本で、粒子は遠心力によって外側に追いやられます。その為、外筒部分で捕集する構造になっていたり、気流の流れを作るようになっている製品が大半で、目詰まりの心配がないのがポイントです。高性能で多用途に対応することから、マルチサイクロンは食品工場や化学製品、金属加工を行う環境などで活用されています。

木粉やレジンのような素材の分離、捕集もお手の物ですし、各種の燃焼炉やボイラーと乾燥機の排気部分でも活躍です。近年は水中の砂や鉄粉などに対応する製品も登場していますから、空気だけでなく水の遠心分離も可能ですし、もはやなくてはならない環境機器になっているといえます。