アルカリ洗浄液の性質について

アルカリ洗浄液は、洗濯や汚れ落とし、掃除と幅広い分野で活躍する洗浄剤です。一般的に使われている石鹸や市販の合成洗剤のように水分と油分が混ざることで汚れがとれるという方式ではなく、アルカリと汚れの油分が反応することで石鹸のようになり汚れが落ちるという点に特徴があります。また、たんぱく質の汚れを落とすことにも適しています。たんぱく質の汚れは日常生活のあちこちで見ることが可能であり、代表例としては手垢や食物の食べこぼしなどです。

たんぱく質は多くのアミノ酸で結合されて構成されているため、この結合を除去することが汚れを落とすポイントとなります。アルカリ洗浄液はこの結合を切除して分解し、あるいは結合をゆるめ、構成に変化を与えることが可能です。この働きにより、たんぱく質が繊維などに吸着している力が弱くなり、少し力を入れれば汚れが落ちる状態となります。ただし、一つ気を付けないといけないことは、アルミニウムには使えないという点です。

アルミニウム製品にアルカリ洗浄液をかけると、反応し水酸化アルミニウムが生成され、白い粉が噴き出てしまいます。これは腐食が進行している証であり、最悪の場合アルミニウムの一部に穴が開いてしまうことにもなりかねません。アルミニウムの鍋などの汚れ落としを多なう際にはアルカリを使用することは避けるべきでしょう。日常生活で便利なアルカリ洗浄液ですが、適材適所を考えアルカリ洗浄液を使用する必要があります。

省エネのことならこちら