Skip to content

富士山へ登山するにあたり準備すべき物

富士山への登山において頂上まで登頂するのであれば、準備万端にして望む必要があります。

5合目までは車で行けるので、それ以降の登山を意識した上で準備をしましょう。鞄は両手が使えないので、両手が自由に動くリュックサックを背負いながらの登山になります。富士山は日本でも有数の山頂までの高さを有する山なので、高山病にかかってしまう人も少なくありません。ただし、富士山への登山は思い立ったら出来るものではなく、健康状態が良く、天気が晴の時でないと中々頂上まで行けないので、治るのであればその場で高山病を治してから登頂の続きをしたいものです。

そこで役立つのが酸素ボンベです。高山病は極端に酸素が足りないがために起こりやすくなる病気なので、酸素ボンベで新鮮な酸素を瞬時に体内に入れる必要があります。ボンベ自体はそこまで軽くないので、なるべく食料や着替えを必要最小限に留めておきましょう。途中で食料や飲み物を消費すること前提でリュックサックを背負えば、さほど重くありません。

最初は確かに背負うのが大変と感じるかも知れませんが、5~7合目までは平坦な道のりでアップダウンがそこまで感じられないので、そこで登山に体を慣らしておく必要があります。休憩後についたら食料を出来るだけ減らしておきましょう。それ以降は休憩場所が無く頂上まで登るだけなので覚悟しましょう。十分に休憩を取ったら頑丈な手袋をはめてガケを登って頂上へとたどり着きます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *