Skip to content

富士山登山で用意すべき物

富士山登山では様々な物をあらかじめ用意しておかなければなりません。

まずはリュックサックです。手ぶらでも良いと思いがちですが、雨が降ったら傘を差す余裕など有りません。7~8合目に到達すると一見ガケのように見える道をよじ登っていかなければとうてい頂上にはたどり着けません。そんな時に片手が傘を持っていては危なくて滑落する恐れも出てきます。富士山はみんなが思っている以上に優しい山ではなく、年に何人かは死傷者が出るほど危険な山なので、少しでも怪我をする危険性を排除できるように準備万端で望むべきなのです。

合羽の他にも水分や食料を保持しておく必要があります。山小屋は確かに有りますが、どれも値段が高く、みんなで分け合わなければいけないので、独り占めするわけにはいきません。どうしても食べたいものはリュックサックに入れておきましょう。富士山で登山の準備においてあながち忘れてしまうのが、寝袋です。

確かに登山ルート7合目に休憩小屋は有りますが、みんなが利用している小屋なので、寝床は砂や石でザラザラしています。汗の臭いもあって気分は良くないので、少しでも安らかに眠りたい人は寝袋を持参するのが良いでしょう。他の人が使っていないと汚いのかと思われてしまうので気が引けますが、登山上級者は少しでも心のよう卯を保てるように寝袋を持参して実際に使用しています。このため、周りの目を気にせずに安心して寝袋を使って快適な睡眠を得ましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *