Skip to content

東京観光の旅行客に人気の浅草周辺

東京の浅草は江戸の下町文化を体験できる観光地として名高く、都内へ訪れる旅行客からの人気も絶大です。

1931年に竣工した吾妻橋の西側にある浅草寺は、東京を代表する古刹の一つです。秘仏の聖観音像が本尊であり、浅草の観音様として親しまれています。浅草寺の名物の仲見世は、外国人観光客にとっても魅力的な門前街です。雷門から続く仲見世を歩くことも、東京観光の楽しみの一つです。浅草寺の西側で南北に伸びる道には、かっぱ橋商店街があります。専門的な調理道具が豊富な商店街として、国内外からの観光客を迎え入れます。

浅草寺の東側にある隅田公園も名所の一つで、桜の名所として親しまれています。隅田公園ではレンタサイクルを利用することが可能で、隅田川沿いでサイクリングを楽しむことができます。春の花見の時期になると、隅田公園の桜を見るために訪れる旅行客で大変な賑わいとなります。隅田川では花見のための屋形船も運航され、江戸風情のある雰囲気が楽しめるようになります。浅草から徒歩でも行ける範囲には、相撲の街としても有名な蔵前や両国の街があります。

1927年竣工の蔵前橋を渡って左岸側へ行けば、横網町公園にたどり着きます。横網町に隣接する場所には、両国国技館と江戸東京博物館があります。両国国技館で大相撲の本場所が開催される時期には、旅行客の数も増加します。浅草から厩橋の周辺にかけては、夏の隅田川花火大会の開催時にも旅行客が増加します。初詣の時期になると、浅草寺を参拝する人も多くなります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *