Skip to content

家族旅行は自然と触れるのも大切

お子さんが小さい時ほど、家族で出かけたり家族旅行をすることが多いはずです。

なぜならば子供が小学校高学年とか中学にはいってしまうと、部活とか塾や習い事が増えてくるので、なかなか家族旅行にいくチャンスが減ってしまうからです。ですからのんびりと家族旅行にいけるのは、子供が比較的小さなころしかないといっても言い過ぎではないです。そんな家族旅行で、ぜひやってほしいのがなるべく子供の五感にうったえるような体験をさせてほしいということです。

実は子供の脳の前頭葉を鍛えるためには、自然の中で体験することがとても大きいといいます。子供のころに虫とりをしたとか、星を眺めたとか、釣りをした、蛍をみた、なんでもいいのですが、自然の中で味わったことが、その子供の脳を鍛えるのにとても必要なことだというのです。こうした経験がのちのち、いろんな興味を生み出していくことになるというのです。

また、家族で楽しい思いをしたということが、子供の心の成長にも役立つというのです。現代はストレス社会で子供と言えども、つらい経験もありますが、家族が中がいい、両親が自分を信じてくれる、大切にしてくれると思いがその子供の心の成長にも大きいといいます。ですから家族旅行で楽しい思い出をつくるということも、大きな意味があるのです。子育てに追われているときは、今が大変だと思いますが、子供はあっという間に大きくなり親から離れていくものです。家族ででかける時間はたくさんありそうで、実は期間限定ですからそのときを大事にしてほしいです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *