Skip to content

東京発夜行バスの行先と料金について

長距離を最もリーズナブルな料金で移動できる手段として高速バスがありますが、夜行バスはより安く、時間を有効に活用することができます。

東京からは全国に向けて数多くの高速バス・夜行バスが運行されており、中でも、新宿は最も数が多い起点となります。現在、新宿からは、東北方面で6県全てに向けて高速バス・夜行バスが運行されており、その中では宮城県の145件が最多となり、次に福島県の112件があります。関東では東京都他6県に運行され、最多の県は千葉県726件、茨城県316件があり、東京都の場合には当日に到着する千葉市の士気までの運行になります。北陸・甲信越に関しては、長野県を始め6県が運行先となり、長野県が最も多く247件、少ない県としては福井県の10件があります。

中部は愛知県を始め4県あり、静岡県に179件が運行され、次に愛知県の157件となります。関西、中国、四国に関してもすべての県に向けて運行が行われており、関西では大阪府の290件、中国では広島県の24件、四国では徳島県の14件が最多本数になっています。九州に関しては福岡県に向けて5件の夜行バスが運行されており、通常価格としては8、000円~9、500円程度が設けられています。

高速バスでも夜行は特に安い価格設定が行われていますが、利用月によっても異なり、例えば、仙台行の場合、最安値として11月が24:10発~仙台駅06:40着で1、600円、12月は24:45発~06:15着で1、950円と高くなっています。逆に、東京~高知の場合には11月が21:45発~高知駅08:15で7、200円、12月は21:25発~08:30着で5、900円と安くなっています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *