Skip to content

様々な取り組みが行われるバスツアー

バスツアーといえば観光を目的として旅行会社が企画するものが大半ではあるのですが、中には自治体が、あるいは自治体と企業が一体となって企画しているものもあります。

というのも、バスツアーが地域活性の一手段として捉えられている側面があるためです。人の多い街からアクセスの悪い地域の観光地には、なかなか人が集まりにくいのが実情です。マイカーを所有しているならともかく、主に電車やバスなどの交通機関をメインにして旅行を考えなければならない人にとって、アクセスは非常に重要な問題であるためで、場所によっては行くことができないところすらあります。

そこでバスツアーを組み、街からアクセスの悪い観光地まで直通で人を運ぶことによって、観光地を知ってもらうと同時に、お金を使ってもらうことで経済的な利益を生み出そうとしているのです。また、中にはボランティアを募集するものもあります。例えば過疎化が進んでいる集落で漁業や農業などの働き手が不足しているところへ、それらの作業を体験してもらうためにバスツアーを組むのです。

そうすることで集落の実情を知り意識をしてもらえるようになると同時に、働き手を得ることができるので一石二鳥であるともいえます。このように単なる観光だけではなく、様々な目的でバスツアーが組まれることがあり、それぞれ特色が異なりますので多様化する消費者のニーズにより応じることができるようになったともいえるのです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *