Skip to content

バスツアーで地域貢献を

バスツアーの中には参加するだけで地域活性につながるものもあります。

少子高齢化や過疎化が進んでいる地域が多く、それは観光地とて例外ではありません。そこで地域活性化の一環としてバスツアーを組み、多くの観光客を誘致して地域を知ってもらうと同時に、観光でお金を使ってもらうことを目的としています。そもそも路面バスや電車などの公共交通機関ではアクセスが難しい地区の場合は、観光目的の人を誘致しづらいともいえます。

自家用車を所有しているかあるいはレンタカーを利用すれば話は別ではあるのですが、そういった手段を有していない場合ですとバスや電車の通っていない地区へは、そもそもアクセスをする手段がないのです。ところが、バスツアーならば人の多い街から観光客を一挙に運ぶことができますので、交通機関の有無は関係ありません。人の多い街中に広告を配布したり、インターネットのサイトに観光情報を掲載することで観光客の誘致をすることになります。

他にも広告の手段は多くあり、テレビやラジオなどで紹介されることもあります。地域活性を目的として組まれるバスツアーの内容は、地域ごとに有する特産品や観光スポットが異なりますので多くの種類があります。目的も観光や食事、買い物、体験など様々で、利用する側としては地域貢献ということを意識せずに、趣味や好みに合わせて自由にバスツアーを選択して参加すれば良く、地域貢献するのだと気負う必要はありません。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *