Skip to content

競技と商業に分けられるラフティング

ラフティングという名称は、いかだを表す英語が由来です。

いかだの代わりとして、ラフティング用のゴムボートを利用して急流を下る人気のアウトドアスポーツです。ラフティングと一口に言っても、競技と商業に分けられており、競技は4人もしくは6人のメンバーがボートに乗り込み、どれだけ速い記録を出すことができるかを競い合うものです。スプリント、スラローム、ダウンリバーがあり、総合得点を争います。

商業は、レジャーが目的であるものの激しさを満喫するスポーツという点では差異がありません。商業の場合は、8人乗りのボートにツアーガイドが同行します。その激しさから天然が作り出すジェットコースターと言われますが、雄大な自然の中で急流を下るということは非日常を感じられ、通常では、味わえない体験ができます。また、フィールドとなる川は自然が作り出すものなので時と場合によって同じ場所でも異なる様子になります。

そういった違いを見つけていくのも楽しみの一つとして挙げられるでしょう。そして、必ず複数人が同乗するスポーツであるからこそ、常に楽しさは倍に感じられます。息のあった動きによって、難しいとされている部分をクリアできた場合などは喜びも一入です。日常生活を営んでいると、なかなかグループで一つの目標を達成するという機会が少なくなってしまいますが、コミュニケーションを高めるという意味においてラフティングは最高のアクティビティであると言えます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *