Skip to content

ラフティングの歴史と楽しみ方

ゴムボートに乗って、パドルを駆使しながら急流を下るアクティビティ、ラフティング。

写真や映像でご覧になったことがある方も多いと思われます。20世紀初頭ごろに、川を使って行われた木造ボートでの探検が起源であると言われています。しかし第二次世界大戦後には、スポーツ目的でゴムボートを使った川下りが行われるようになりました。その後ラフティングは世界中に広まり、各国の観光地ではおなじみのアクティビティとして大人気です。

日本でもかなり以前から一部の愛好家たちにより楽しまれていましたが、1980年代に四国でラフティングツアーの営業が始まると、注目を集め出しました。1990年代には一大ブームが起こり、現在でも各地で多くのツアーが行われています。ラフティングを行うには、前述のラフトというゴムボートと、それを操るT字型のパドルの他、様々な装備が必要です。

流れの急な渓流を下るので、頭から水を被ったり、流れに落ちたりといった事態に備えるため、ウェットスーツ着て、ライフジャケットを装着して行います。危険な場所での激しい動きを伴うために、ヘルメットも必需品です。見た目のハードさや本格的な装備を見ると、敷居が高く思われがちですが、各所で行われているツアーに参加することで、装備のレンタル料込みで楽しむことができます。旅行先で思い立って、手ぶら同然の状態でも楽しむことができるのです。最近では自然の多い地域を訪れる修学旅行が増えていますが、そのような修学旅行でもおなじみの活動のひとつでもあります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *