Skip to content

富士登山2018年から見えるポイント

富士山は、例年夏山の観光シーズンにおいてたくさんの観光客でにぎわいます。

富士登山2018年から見えるポイントとしては、まず安全性を配慮して登山をしているつもりでも救助要請を呼んでしまうケースは毎年一定数発生します。主な原因は、まずは酸素不足です。日本で最も高い山ということで、張り切りすぎて登ってからあとで高山病にかかってしまうなどのトラブルに巻き込まれる例が後を絶ちません。初心者の場合は、夏山の登りやすいシーズンにだけ登ることは徹底しておくようにします。

富士登山2018においては、無理なスケジュールがもとでトラブルに巻き込まれてしまうなどの事例も報告されています。ですので、決められたスケジュールと自分の体力を考慮したペースを共に把握しておくことは大事といえるでしょう。意外と多いトラブルとしては、地図の不携帯でペースがつかめずに登った結果救助要請をしてしまうという事例も富士登山2018年のシーズンではみられます。

必ず、地図や方位磁石・滑りにくい靴・防寒着などといった登山に必要な設備は用意しておくようにします。山小屋の予約についても、必須です。毎年たくさんの人が予約をかけるため、満杯になることを考慮してはやめに予約をとっておくことは大事でしょう。富士山の場合は、多くの山小屋が4月から予約を受け付け5月はじめには満室の日も多くなる傾向があるためできれば早めに予約を取るなどの行動をとります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *