Skip to content

富士登山2018はいつから可能なのか

山梨県および静岡県をまたがる名峰富士は世界遺産登録が行われてから、多くの人々が山頂を目指すなど人気を集めています。

富士山の標高は3776メートルと言われていますが、日本の中では標高が最も高い山として世界からの注目も集めています。富士登山2018はいつから可能になるのか、一度は名峰富士の山頂に立ちたいと考えている人は多いのではないでしょうか。富士登山2018は、7月から9月の上旬で、毎年変わらないのが特徴です。

さすがに3776メートルの標高にもなれば、頂上直下は長期間雪が残る、富士登山が初めてと言う人が多い中で、安全な状態で山頂までアクセスを促すためには山のコンディションがベストな時期を狙う必要があります。真冬の富士山は下界から訪れる登山客を拒む、大自然の猛威を登山者に与えます。冬季登山を許されるのは訓練を重ねた登山者のみ、初心者は絶対に踏み入れる事が出来ないのです。

しかしながら、7月に入ると所々積雪や雪渓が残る場所はあるものの、登山ルートも整備が行われる関係上、初心者でも山頂に立つチャンスを与えてくれます。富士登山2018がスタートするまでの間はボランティアによる登山道の整備が行われる、そして富士山の山開きとなる7月には誰もが登山を楽しむ事が出来る状態になるわけです。但し、富士山は簡単に登る事が出来る山ではなく、山の知識や登山の技術などが必要であり、初心者が富士山の山頂を目指す時には必ず経験を持つ人と同行する事をお勧めします。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *