Skip to content

ラフティングの際の格好と持ち物

ウォータースポーツのひとつ、ラフティングをご存知でしょうか。

ラフティングは、ラフトと呼ばれるゴム製ボートで川下りをするというレジャースポーツです。

流れの穏やかな川から激流まで、難易度に合わせて、初心者から上級者まで楽しめます。

それでは、初心者が初めて参加する場合は、どんな格好をして、何をもっていけばいいでしょうか。服装は、ラフティングの際は着替えますので、現地への行き来は普通の格好で問題ありません。着替えやすい服装がいいでしょう。

持っていくものは、まず忘れてはいけないのが水着です。

また、スニーカーやスポーツサンダルなどの濡れてもいい靴が必要で、これはラフティングの最中に履きます。

ツアー会社によってはレンタルできるところもあります。濡れた体をふくためのタオルも持っていきましょう。また、夏はウエットスーツを着用しないため、Tシャツと短パンを持っていきましょう。

怪我防止のため、水着の上から着用します。ラフティングの際は、夏季以外は水着の上からウェットスーツを着ます。そして安全のためライフジャケットを着用し、ヘルメットをかぶります。

これらは基本的に料金プランに含まれていて、現地でレンタルできます。

なお、視力を矯正している人で眼鏡をかけている人は、スポーツ用の眼鏡バンドを持っていった方がいいでしょう。川下りの際に吹っ飛ぶ可能性があります。

コンタクトをしている人は、川下りの最中に落とす可能性がありますので、使い捨てコンタクトを用意するか水泳用のゴーグルで目をカバーするといいでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です